当ブログに関するご意見、お問い合わせは
irivmstr(アットマーク)gmail.com
によろしくお願いします。 @管理人

2006年10月20日

日中ガス田問題、新提案の合意の見通しは不明。

6日に始まる協議はまた平行線に終わるかもしれません。

この日中間で問題になっているガス田開発問題は、国家の将来を左右するほど重要な問題です。
埋蔵量は1000億バレルを超えると思われ、金額に直すと、600兆円を超えるほど。

そこで問題になっていることは、原油の埋蔵領域が日中間にまたがっており、中国側の水域から原油を吸い上げれば、勿論、日本の海域の原油も吸い取られる可能性があるということ。

これは無論、無視できない問題である。
イギリスは北海油田の開発で経済を立て直しました。
それほど、原油の影響とは大きいものです。

日本は元来、資源がない先進国だと言われていましたが、資源は恐ろしいほどあったのです。
それが、今現在も中国により日本の原油も不正に吸い上げられ、生産されております。

さらに、それだけに限らず、日本の動きを監視するため、日本の防空識別圏へ進入を頻繁に行っているよう・・・。

どうやら、中国人民解放軍は日本の自衛隊の情報を収集しているようです。
日本の自衛隊の航空機や基地が出すレーダーの周波数などの電子情報収集、解析ですね。
これを行うわけとは、勿論戦争がらみです。
攻撃の際に、妨害電波などでレーダーを無効化させるためというのが一番近い理由でしょう。

中国の軍事費は年々増加し、兵器の近代化、兵力の増強を図っています。
我々、日本人はこの日中間の緊張状態を自覚すると同時に、
我々の利益が不正に奪われているということに対し、もっと関心を持つべきだと思います。
posted by こう at 23:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。